働くひとを知りたい

事業団サポートメニュー利用者インタビュー

神足さん

1.就職活動はいつ頃から、どのように行いましたか?

実は・・・就職を考えていなかったんです。大学院の修士課程を修了後は博士課程へ進むつもりだったので・・・全然していなくて。でも、入試を受けてみて「やっぱり違う」という想いが芽生えて、進学ではなく就職活動を選択することにしました。具体的に就職活動を始めたのは今年の2月末~3月頃でした。時期も時期でしたので、安易に動き回るというよりは、企業説明会でもそこで自分の求める情報を得られるかどうかを厳選して、動くようにしていました。「とりあえず動く」のではなく、調べて、納得して行動する感じでしたね。

2.事業団を利用するきっかけ、また、実際に利用してみてどうでしたか?

私の場合、仙台での就職が第一条件で、実家から通勤することが前提で探していました。大手就活サイトやエージェントなども使っていましたが、自分の求めている情報とズレを感じて…。実際に自分で見て聞いて判断したいという考えもあり、仙台で開催される合同企業説明会に参加しました。企業担当者と直接話すことで情報を整理し、エントリーする企業を見極めていきました。

事業団を知ったのもAERで開催された合同企業説明会です。相談ブースではなくて、受付での立ち話がきっかけです。担当の方が話しやすくて(笑)。その時に、無料職業紹介へ登録すると、エントリーシートや履歴書添削、就活に関する相談ができるとお話を伺って、後日、登録をしました。自分が希望する業界についての相談から個人的な話等も含め、一番深くアドバイスしていただきました。

3.就職活動を通して、大変だったこと、学んだことは?

周囲のサポートにも恵まれたので、かなり順調に進みました。大学の友人や先輩には、色々とアドバイスをいただきました。就職活動のためのコミュニティではなく、日頃からコミュニティを持つことはとても大切だと思います。また、就職活動を始めてから出会った企業の担当者の皆様のお話も視野が広がるきっかけになったと思います。様々な意見や考え方を知ることは自分の可能性を広げることにも繋がるということを改めて実感できた期間にもなりました。

4.就職活動をしている方へメッセージ(アドバイス)をお願いします。

日頃から自己分析や将来のキャリアを明確にしておくことをお勧めします。必ずこの職業に就くということではなくても、30代、40代、50代、これから自分がどうなっていたいのかを想像することから始めてみるのもいいと思います。
私は、学生時代に自己分析やキャリアについて考える機会が割りと多くありました。将来の自分を明確にするとやるべきことがはっきりします。それこそが就職活動において意思決定の判断材料となり、自分の強みになりました。「目的意識」を明確にしておくと進むべき方向性がぶれず、膨大な情報の中から必要な情報を見極められるチカラになったと感じています。

また対面で話をするときに自分の言葉で表現することを大切にしています。その方が相手に想いがより伝わりますし、自分自身も会話を楽しむことができますので、良いこと尽くしです。お勧めです!

神足さん 利用者インタビュー04

プロフィール
〔利用したサポートメニュー〕
・無料職業紹介

新着記事

ページトップへ戻る